友達と一緒のお店で働くデメリット

仲の良さが時としてアダとなる?

友達と働くデメリットとは
友人と一緒に同じガールズバーで働くメリットはたくさんありますが、デメリットになってしまう部分もいくつかあります。
その際、どのような解決策があるのかも知っておきましょう。

差ができてしまった場合

友人と一緒に働き始めたものの、友人の方がお客さんや上司に気に入られて自分とお給料や待遇などで差がついてしまうケースもあります。
他人であれば気にならないものの、一緒に応募した友人と自分の「差」を見せつけられると悔しさや嫉妬も湧いてくることでしょう。
距離感が近いからこそ抱いてしまう感情ですが、人間誰しも向き不向きがあると心掛け「相手の方が向いていた」と割り切るべきです。
逆の立場でも同様です。友人よりも自分の方が待遇が良い場合、友人に対して申し訳ないと思うことでしょう。
その際にも態度を変えず、いつも通りに接することを心掛けましょう。

友人が辞めると言い出した時

一緒に入ったものの、友人は環境に馴染めずに辞めると言い出した場合、残されることになるので自分もどうするのかを考えることでしょう。
しかし、いくら同時に入店したからと言って辞めるタイミングまで揃える必要はありません。
友人にとっては合わない職場・仕事だったとしても、自分自身が続けたいと思っているのであれば辞める必要はありません。
決して友人関係が終わる訳ではありませんし、得手不得手は誰にでもあるので友人が辞めるからと言って自分も一緒に辞める必要はありません。

友人と仲が上手くいかなくなった時

時として友達とうまくいかなくなるときも
一緒に入店した友人と喧嘩をしてしまい、仲が悪くなってしまうと仕事の際にも気まずさが出てくるでしょう。
この場合、仲直りが一番の解決策ですが、お店のスタッフに相談して友人と被らないようなシフトにしてもらうなど、少し距離を取ってみるのも良いでしょう。
距離が近すぎるからこそ仲違いを起こしてしまう可能性もあるだけに、少し距離を取ってみるよう工夫してみるのも手です。
そのためにはスタッフに相談し、事情を話すといいでしょう。